社会ニュース

薬物乱用防止講師が覚醒剤使用 

九州厚生局麻薬取締部小倉分室は9日、覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで、北九州市若松区桜町の「片岡不動尊」住職永住政己容疑者(57)を逮捕したと発表。永住容疑者は小学校などで薬物乱用防止教育を行う講師の資格を持っていたという。

覚せい剤ドットコム/「闇サイトで探し」覚せい剤密輸

覚せい剤2.3kg余りを密輸しようとしたとして、30歳の男が逮捕・起訴された。無職の加行雅也被告(30)は10月12日、成田空港でスーツケースに入った覚せい剤2.3kg余り、末端価格およそ1億4,100万円相当を密輸しようとして現行犯逮捕され、2日、覚せい剤取締法違反などの罪で起訴。タイから、ドイツ、アブダビ経由で帰国した経路が不自然なことや、スーツケースに異常な厚みが見られたことから、検査を受け、密輸が発覚した。加行被告は、「金に困り、闇サイトで高収入の仕事を探した。タイに渡り、外国人から旅費とスーツケースを受け取った」と供述。

7キロの覚せい剤密輸、女性に無罪判決

化粧品のマスカラに覚せい剤を隠して密輸したとして、覚せい剤取締法違反と関税法違反の罪に問われた米国籍の女性(48)の裁判員裁判の判決で、大阪地裁(伊藤寿裁判長)は26日、「違法薬物の認識があったと認定するには合理的な疑いが残る」として、無罪(求刑懲役10年、罰金500万円)を言い渡した。過去話題となった書籍(覚せい剤で16回逮捕された男の実話とその弁護士)の内容にも酷似する部分があるが詳細は不明。起訴状によれば、アメリカ国籍の女性は、去年10月、覚醒剤約7キロが入ったマスカラを詰めたスーツケースを、関西空港に密輸入した罪などに問われてた。裁判で女性の弁護側は「知人に頼まれ、知らない間に運び屋にされていた。違法薬物という認識はなかった」と無罪を主張。一方、検察は「知人の依頼はあまりに不審で、女性は、違法薬物が入っている可能性を認識していた」と指摘。26日の判決で、大阪地裁は「マスカラに違法薬物が入っているかもしれないと女性が認識していたとは言えない」とした。

覚醒剤1.5キロ密輸容疑

東京の羽田空港で覚醒剤およそ1.5キロをスーツケースに隠し密輸しようとしたとして、自営業の男ら2人が警視庁に逮捕。逮捕されたのは、神奈川県清川村の自営業・石橋衛容疑者とタイ国籍のマッサージ師・イイジマ ニヨム容疑者で、今月1日、トルコから日本に入国する際、覚醒剤およそ1.5キロ、末端価格9000万円相当をスーツケースに隠して密輸しようとした疑い。

覚醒剤“所持”の警官、やはり使用も認める

10日、札幌市で覚醒剤を所持していたとして、現職の警察官が逮捕された事件で、この警察官は、覚醒剤の使用についても認めている。覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕された札幌中央警察署・薬物銃器対策課の巡査部長は、12日に送検。

三田佳子さん次男、保釈決定、保釈金は300万円

覚醒剤を使用したとして、覚醒剤取締法違反の罪で起訴された俳優の三田佳子さんの次男で会社経営の高橋祐也被告(38)について、東京地裁は5日、保釈を認める決定を出した。保釈保証金は300万円。

覚醒剤所持疑いの男子大学生 「ダークウェブ」で情報収集

覚醒剤を所持していたとして逮捕された名古屋市の男子大学生が「ダークウェブ」と呼ばれるネットワークに接続していたとみられる。覚醒剤取締法違反の疑いで28日に送検された名古屋市緑区の大学1年の男子学生は8月、自宅で覚醒剤約0.6グラムを所持した疑い。男子学生は「市販薬から作った」などと供述していて、押収された液体の中からは鼻炎薬などの成分が確認された。男子学生は一般的な検索サイトからは直接アクセスすることができない「ダークウェブ」に接続していたとみられ、ダークウェブでは薬物の違法取引などが行われていると指摘。/覚せい剤ドットコム

「歌のお兄さん」覚醒剤逮捕

新宿署は20日までに、兵庫県伊丹市の自称音楽講師の沢田憲一容疑者(49)を覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで逮捕。逮捕は18日で容疑を認めている。容疑者はNHK教育テレビ(現・Eテレ)の子供向け番組で「歌のお兄さん」を務めたが、元・歌のお兄さんの覚せい剤による逮捕はこれで2人目。

三田佳子の次男が逮捕

女優・三田佳子(76)の次男、高橋祐也容疑者(38)が覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで警視庁渋谷署に逮捕。メディアでも多数報じられているように、同容疑者はこれまでに4度、覚せい剤事件で逮捕されている筋金入り。

隠語を使い覚醒剤をネット掲示板で販売

住所不定・無職の平川孝幸容疑者(27)ら3人は、「良いアイス入荷しました」と、特定の人にしかわからない隠語を使ってインターネットの掲示板で客を募り、覚せい剤を密売した疑い。100件の密売を確認していて、売上金は約163万円に上る。

覚せい剤使用、またまた逆転無罪

覚せい剤を使用した罪で有罪判決を受けた男性の控訴審で、大阪高等裁判所は警察の捜査が違法だったと判断し、無罪を言い渡した。一審の判決によると、大阪市の男性(49)は、覚せい剤を使用した罪でことし3月に懲役2年10ヵ月の有罪判決を受けた。男性は逮捕された際、警察官から職務質問を受け、尿の提出を求められたが、令状がないことを理由に自宅マンションに戻りました。男性の尿からは覚せい剤の成分が検出されましたが、警察官が令状が出るまで1時間半にわたって部屋のドアを閉められないようにした事が違法な捜査だとして控訴。大阪高裁の和田真裁判長は「男性のプライバシーが大きく侵害された。違法の程度は重大で、今後、同様の捜査を抑制するためにも認められない」として無罪を言い渡した。今後過去にある書籍「司法の限界」や「覚せい剤逮捕で16回不起訴にした男の実話とその弁護士」のような内容が現実化してゆくのだろうか。

覚醒剤無罪判決が止まらない

覚せい剤取締法違反(使用)の罪で執行猶予付きの有罪判決を受けた直後、再び覚醒剤を使ったとして、同法違反の罪に問われた宮城県の30代無職男性の判決で、仙台地裁が「暴力団関係者に覚醒剤使用を強いられた疑いが残り、摂取の故意は認定できない」として無罪(求刑懲役2年)を言い渡した。男性は2017年6月13日に同法違反の罪で懲役1年6月、保護観察付き執行猶予3年の判決を受け、同日釈放。その後、同18日までに県内かその周辺で覚醒剤を使ったとして逮捕、起訴。男性は公判で「釈放後に暴力団関係者から『警察官に薬物の売人情報を暴露しただろ』と問い詰められたり脅され、その際に無理やり覚醒剤を注射された」と供述。17日の判決で田郷岡正哲裁判官は「供述の核心部分を信用できないと断じることはできない」と判断。
検察側は、男性が釈放後に暴力団関係者2人と一緒に自ら覚醒剤を注射する様子を撮影した動画を証拠提出。公判で2人が「動画は遊びで撮った」「無理やり薬を使わせた事実はない」などと証言したことを踏まえ、「動画の中で男性が抵抗するような様子はなく、自らの意思で覚醒剤を摂取した」と主張していた。判決で田郷岡裁判官は「暴力団関係者には男性に報復する動機があった」と指摘。動画には「絶対消さねえ」と発言する暴力団関係者の音声も記録されており「動画内容は2人の証言の裏付けにならず、男性が覚醒剤摂取を強いられ、従ってしまった状況を不自然とは言えない」と結論。

覚醒剤5億円分製造できる薬物を隠し持っていた男に有罪判決

覚醒剤の原料となる薬物を隠し持っていたとされる男に対し、大阪地裁は有罪判決。自宅に止めた車の中に液体状の薬物「t-BOC・メタンフェタミン」約14.5キログラムを隠し持つなどした。
近畿厚生局麻薬取締部は、この薬物に簡単な化学処理を加えることで覚醒剤を製造することができ、今回摘発された液体だと7.8キログラム、末端価格約5億円分の覚醒剤が製造可能。17日の判決で大阪地裁は「液体を知人から預かり覚醒剤製造依頼に安易に応じた」とした一方で、「被告人は覚醒剤を使用したことはなく、液体の成分すらわかっていなかった」として、懲役3年執行猶予5年を言い渡した。

松江署が証拠品の覚醒剤と注射器を紛失

島根県警松江署は10日、今年5月28日に覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで逮捕した容疑者の証拠品として押収した覚醒剤8グラムと注射器4本を紛失したと発表。同署内の倉庫に保管しており、同署は誤廃棄または内部の者による盗難のどちらかとみて調べているという。

「刑事免責」適用被告に実刑、中国人男、覚せい剤事件

刑事裁判で不利な証拠として扱わない約束をして証言を強制する「刑事免責制度」が初適用され、覚せい剤密輸事件の共犯者の公判で証言した中国人被告の判決が30日、東京地裁。守下実裁判長は懲役5年6月、罰金200万円(求刑懲役7年、罰金400万円)の実刑。判決を受けたのは、覚せい剤入り郵便物の回収役だったとして、覚せい剤取締法違反罪などに問われた中国籍陳豪超被告(24)。指示役とされた中国籍の男(22)=一審懲役8年、罰金300万円、控訴=の公判で制度の適用。指示役の公判では、制度に基づき、回収郵便物の取り扱い方法を記載したとみられるメモについて証言を強制されたが、「見たことがない」と説明し自身の公判の被告人質問では黙秘。 

覚醒剤使用で無罪判決トイレ行かせず「違法」

さいたま地裁(結城剛行裁判官)は27日、覚醒剤を所持し使用したとして覚せい剤取締法違反の罪に問われた春日部市の会社員の男性(45)に無罪(求刑懲役4年)の判決を言い渡した。トイレに行かせずに実施した所持品検査について、「許容される限度を大きく超えた令状主義の精神を没却する違法なもの」とし、提出させた覚醒剤の証拠能力を否定。起訴状によると、男性は昨年11月にさいたま市岩槻区のゲームセンターで所持品検査を受け、覚醒剤を所持していた疑いで現行犯逮捕された。職務質問を受けた男性は「トイレに行きたい」と連呼したが、証拠隠滅を恐れた警察官が立ちふさがり、公衆の面前で排便したという。結城裁判官は判決理由で「被告人を心身ともに追い込んだ。緊急性も高くない状況だった」と指摘した。

覚醒剤逮捕女優・麻生希「衝撃と謎」

覚醒剤事件で一緒に捕まった彼氏・高畑愛平被告(27)の子を宿し、今は初公判待ちの人気セクシー女優・麻生希被告(33=本名・島崎彩)が、勾留中に死産し、自身はくも膜下出血になっていたとSNSで衝撃告白。

 

覚せい剤ドットコム 公式ツイッター開始しました。

https://twitter.com/kakuseizaicom

荏原警察署元交通課長を懲戒免職、覚醒剤使用で逮捕、刑事免責制度

刑事免責制度、6月導入で初適用 証人に不利益な証拠として使わない代わりに証言を強制する「刑事免責制度」が、中国人による覚醒剤密輸事件で適用された。 今月1日の制度導入後初めて。 近く東京地裁で始まる公判に出廷する中国人の証人(24)が対象となる。次いで、警視庁荏原警察署の元交通課長が課長だった先月、覚醒剤を使用したとして逮捕された事件で、警視庁は13日、元課長を懲戒免職処分。懲戒免職処分を受けたのは、荏原警察署の元交通課長・渡部康浩被告(50)で、先月9日、神奈川県横須賀市にある入浴施設のトイレの個室の中で、覚醒剤を使用したとして逮捕・起訴。渡部被告は警視庁の調べに対し、「以前から薬物に興味があり、去年10月、知人男性に勧められて覚醒剤を使用してから10回弱使用した」と供述。

 

資産家男性の死因「急性覚醒剤中毒」

和歌山県田辺市の資産家・野崎幸助さんが死亡し、遺体から覚醒剤が検出された事件で、警察は野崎さんの死因について「急性覚醒剤中毒」と発表。

覚せい剤の素"所持容疑で全国初摘発、製造予備容疑で男逮捕

近畿厚生局麻薬取締部は21日、海外でパーマ液などに利用されている「t-BOCメタンフェタミン」という液体を所持していたとして、大阪市の自営業・横谷勝己容疑者を覚せい剤製造予備などの疑いで逮捕。「t-BOCメタンフェタミン」は化学処理を加えると覚せい剤に変化する物質で、今回押収された15kgからは末端価格5億円分に当たる約8kgが生成可能。これまで「t-BOCメタンフェタミン」の所持等は禁じられていなかったが、覚せい剤に変化することがわかったことから昨年12月から規制対象となり今回が初めての摘発。横谷勝己容疑者は逮捕される前、化学的相談を同市在所の、田村昌和総合法律事務所に相談していたことが同所の(SNS)フェイスブックで明らかになっているが、横谷勝己容疑者の所持した動機については認否を明らかにしていない。

東京五輪パラリンピック大会組織委員会は7日大会マスコット候補の3案を発表。全国約2万校、28万クラスの小学生が今月11日から来年2月22日の期間で投票。組織委以外の一般市民が投票し、マスコットを決めるのは五輪史上初で同28日結果発表。

住民票を偽造して東京電力福島第1原発事故の被災者として東電から賠償金162万円をだまし取った容疑で警視庁東京湾岸署は6日、詐欺容疑で無職大関勝義容疑者(60)を逮捕。3年間で約2600万円を詐取したとみられる。調べに対して容疑を否認している。

ニューヨークのメトロポリタン歌劇場はクラシック界の巨匠の同劇場で音楽監督を40年以上務めている指揮者ジェームズ・レバイン氏が今シーズンの残りの演目について出演を見合わせると発表。

北朝鮮が11月29日に発射した大陸間弾道ミサイル「火星15」は大気圏への再突入と同時に崩壊していた可能性が高いことが分かってきた。北朝鮮メディアはこのミサイルが過去最高の高度約4500キロまで上昇したと発表。米本土全域への攻撃が可能で、超大型の重量弾頭を搭載できる最強のICBMだという。

政府・与党は企業が従業員数を1人増やすごとに法人税を40万円減額できる特例措置(雇用促進税制について2018年3月末で廃止する方向で検討。雇用環境が大幅に改善し、税制で後押しする必要性が薄れたと判断。

厚生労働省はインフルエンザが全国的な流行期に入ったと発表。全国約5千カ所の医療機関から報告された直近1週間の平均患者数が1・47人となった。例年よりもやや早めの流行期入り。直近の5週間に検出されたウイルスは2009年に新型として流行した型が最も多くA香港型とB型が同程度。

風営法が禁じる深夜の客引き行為をしたとして宮城県警が風営法違反の疑いで「魚民」「白木屋」を展開する外食大手「モンテローザ」を12月上旬にも書類送検する方針を固めた。飲食店の客引きを巡り風営法違反容疑で外食大手の摘発は全国初。

アメリカでは北朝鮮国連代表部の関係者がNNNの取材に応じ「ミサイルはアメリカに向け発射したものだ」。ニューヨークにある北朝鮮国連代表部関係者の多くはコメントを避け、ある外交官はNNNのカメラなしの取材に応じ、「日本でなくアメリカを狙ったものだ」「アメリカが挑発をやめない限り北朝鮮はミサイル開発を続ける」と話したという。発射直後にここまで意図を明確にするのは異例。日本政府はアメリカ・韓国とともに国連安全保障理事会の緊急会合の開催を要請。緊急会合は日本時間30日午前6時半から開催されるという。

28日、岐阜県多治見市の中央自動車道で路肩に停めた車の近くに立っていた男性がトラックにはねられ死亡。午前6時ごろ、多治見市美山町の中央自動車道で、路肩に停車中の車の側に立っていた長野県飯島町の米山達夫さんが後ろから走ってきたトラックにはねられ病院で死亡。警察は、トラックを運転していた新潟県長岡市の小川勉容疑者を過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕。

1万9800円(税別)のノートPC「MUGA ストイックPC」を12月1日に発売すると発表。価格はノートPCとしては市場最安。フルHD(1920×1080ピクセル)の14.1インチIPS液晶ディスプレイとWindows 10 Home、ATOM x5-z8350プロセッサ(1.44GHz)、2Gバイトメモリ、32Gバイトストレージ(eMMC)を搭載。無線LANやBluetooth、インカメラ、内蔵スピーカー、オフィスソフト「WPS Office」(キングソフト)なども備える。内蔵バッテリーで約7時間の駆動が可能だ。サイズは329(幅)×219(奥行き)×20(高さ)ミリ、重さ約1200グラム。

11月26日の東京11Rで行われた第37回ジャパンカップは、H.ボウマン騎手騎乗で5番人気のシュヴァルグランが、1番人気キタサンブラックを直線半ばで捕らえてGI初制覇。タイムは2分23秒7。キタサンブラックは3着。

24日午後1時50分ごろ、高知市神田の幡多信用金庫神田支店に刃物のようなものを持った男が押し入り、男は現金を要求し、信金が出した強盗対策用の紙束を奪いミニバイクで逃走。高知南署は高知市春野町弘岡中、無職近沢日出久容疑者(55)を強盗容疑で緊急逮捕。容疑を認めている。近沢容疑者は店内にいた50代の女性客に包丁のようなものを突きつけて、職員に「金を出せ。早うせんと刺すぞ」と脅したうえ現金2万円を奪った。信金が出したのは、1万円札サイズの紙束を本物の1万円札で挟んだもので、千万円分の厚さがあった。職員が緊急ボタンで警察に通報するとともに、ミニバイクで逃げる容疑者に防犯用のカラーボールを投げ命中し、同支店から北東1・5キロの同市本丁筋の飲食店駐車場で、カラーボールの塗料がついたミニバイクを発見。

少女に無理やりキスをしたなどとして島根県警松江署は24日、強制わいせつ容疑で全国子ども会連合会の副会長、磯田謙一容疑者(75)を逮捕した。逮捕容疑は23日午後4時ごろ、同市学園の駐車場に止めた自家用車内で10代少女に抱き付きキスをした疑い。同署によると、同日に開催された子ども会の終了後、会に参加した少女を磯田容疑者が食事に連れ出し、その後に事件を起こした。少女の母親から同署に通報があり、同容疑者に事情を聴いたところキスしたことを認めた。 

森友学園の前理事長、籠池泰典と妻諄子は詐欺罪などで起訴=は7月末の逮捕以降4カ月近く大阪拘置所に勾留。弁護人が20日、大阪地裁に保釈を請求したが22日に却下。

再建中の東芝は、日曜夜にフジテレビ系で放送中のアニメ「サザエさん」、TBS系のドラマ枠「日曜劇場」のスポンサーを来年3月末に降板することを正式に決めた。サザエさんは東芝の提供で1969年10月に放送を開始していた。

コスメティックストア、バーバリー ビューティ ボックスは、12月31日までに国内の全店舗を閉店。今年3月にオープンしたばかりのルミネ横浜店は、11月13日にすでに閉店しており、西武池袋本店は11月25日、三越銀座店と阪急百貨店うめだ本店の店舗は12月31日に閉店。

NY地下鉄で禁止/レディース&ジェントルマン
米ニューヨーク交通公社はニューヨーク市内などで運行する地下鉄やバスなどの乗務員が、アナウンスの際に乗客に呼びかける「レディース・アンド・ジェントルメンという言葉の使用を禁止した。原因は同性愛や性同一性障害、性的少数者への配慮。米ニューヨーク交通公社は「乗客とのコミュニケーションを根本的に改める取り組みとして行った」と回答している。

東芝が半導体子会社売却をめぐり、提携先の米ウエスタンデジタルとの係争解決を目指した米国での協議は、不調に終わったことが19日明らかに。東芝側はメモリー生産拠点である四日市工場の最新製造棟への投資にWDが参加する条件として、訴訟取り下げを求めたが、合意に至らず。さらに和解を目指し引き続き協議する方針。

米兵による横須賀市の強盗殺人事件と横浜市西区のタクシー運転手傷害事件を巡り、遺族や被害者と米側の間で17日損害賠償に関する示談がそれぞれ成立。米政府と加害者の元米兵の免責を条件に民事訴訟で確定し未払いのままだった両事件の賠償金の約4割(2850万円)を米側が、残額(計約3850万円)は日本政府が負担。両事件では刑事裁判後、遺族や被害者が元米兵に損害賠償を求める訴訟を横浜地裁に起こした。強盗殺人事件は09年に約6570万円の支払いを命じる判決。傷害事件は08年に135万円の支払いを命じる判決が確定したが、いずれも元米兵からの支払いはない状況だった。

気象庁の発表によると、17日10:02頃、福島県沖を震源とするM4.8の地震。福島県楢葉町で震度4の揺れを観測した。この地震による津波の心配はないという。福島県内で震度4以上を観測するのは、10月6日23:56頃、福島県沖を震源とするM5.9・最大震度5弱の地震以来。

座間9遺体被害女性が「失踪」メモ 
厚木の女性「自殺は絶対にしません」残す。神奈川県座間市のアパートから9人の遺体が見つかった事件で、最初に被害にあった同県厚木市の女性が「自殺は絶対にしません」とのメモを自宅に残して家を出ていたことが分かった。白石隆浩容疑者は死体遺棄容疑で逮捕、が事件の発覚を免れるために書かせた可能性。

熊本でアルコール依存症の相談急増2.6倍 
熊本県に寄せられたアルコール依存症に関する電話相談が2016年度149件に上り、15年度の約2・6倍に急増したことが14日分かった。昨年4月の熊本地震に伴う環境変化や失業、生活再建への不安など被災ストレスの影響か。17年度も大きく上回るペースで増えており県は熊本市の県精神保健福祉センターに相談窓口を設置。相談は中高年男性の家族からが多く、酒量が増えた理由として「仮設住宅に移ったストレス」「地震の影響で仕事内容が変わった」などが原因とみられる。

来年には出玉規制、規制強化で窮地に立たされているパチンコ業界であるが、駅前の好立地でにぎわっていたホールも多数閉店しており業界環境の厳しさが窺える。18年2月には、出玉規制が控えている。平均の遊戯時間を4時間と想定して1日の出玉上限を従来の3分の2の5万円分とするようだ。射幸性の低下でさらなる集客力の低下が懸念されている。また、カジノ法案によりインターネットカジノや、闇カジノは消滅してゆくことが予想される。

英国に本社を置く投資助言会社、シュローダー・インベストメント・マネジメントの日本法人社長、柏木茂介氏は6月、小池百合子東京都知事を前にこう発言。海外から資産運用会社誘致を計画する都の会合で、日本の相続税制度が足かせとなっていると在日外国人の懸念を紹介する形で苦言を呈した。約1800兆円もの家計金融資産を持つ日本は、資産運用会社にとって魅力的な市場。銀行の預貸率が低下し、少子高齢化が進む中、都は資産運用企業を集積して経済成長につなげたい考え。しかし今の税制では、日本に一定期間居住した外国人は死亡時に海外保有資産にも最大55%の相続税がかかる仕組みのため母国の住居を失う可能性。

ダスキンの経営はそんな経済構造の変化を反映している印象。(ミスタードーナツ)とモップのレンタルは苦戦し、家事代行などサービスが成長をけん引した。高齢者向け事業の強化にも動いている。山村輝治社長はコトを磨くとともに新型店舗を軸にミスドの立て直しに余念がない。

ロンドンブーツの田村淳(43)が11日都内で行われた3Dゲーム「ハチャメチャ STARJAM」リリース発表会にスペシャルサポーターとして登場。米国に共同代表を務める新会社を設立した。田村淳は「日本で会社を作るよりも、アメリカのルールでやる投資、ゲーム開発が自分のやりたいこととリンクしている」と説明。半年前にカリフォルニア州に「BE BLUE」という会社を作った。サービス精神旺盛にスーツのポケットに入れていた名刺を報道陣に豪快に配った。

飲食チェーン(しゃぶしゃぶ温野菜)でアルバイトをしていた男子大学生が長期間無休で働かされたとして、運営会社に未払い賃金や慰謝料など計約800万円の支払いを求めた訴訟は、9日千葉地裁で和解が成立した。学生側の弁護士によると会社側が解決金を支払い、謝罪。金額は明らかにしていないが未払い賃金額を上回る。運営会社は千葉県成田市の「DWE Japan」で、男子学生は同県船橋市にあったフランチャイズ店で2015年4月から120日以上連続で長時間働かされ、元店長や元従業員から暴行や暴言を受けたと主張。学生を支援した労働組合「ブラックバイトユニオン」は、学生が被害を訴えたブラックバイトを巡る訴訟の終結は全国初。

危険ドラッグの製造と密売を行っていたとして関東信越厚生局麻薬取締部は9日医薬品医療機器法違反の疑いで、男女6人を逮捕した。インターネットを利用して販売ており、製造工場を摘発も摘発した。約30億円相当分の危険ドラッグを押収。押収量としては国内最大規模という。国内で密造が可能である類の危険ドラックの合成について、需要の点からも注意が必要である。

電車内で女性のスカートの中を盗撮しようとした朝日記者を逮捕した。逮捕警視庁三田署が東京都迷惑防止条例違反容疑で、朝日新聞東京本社報道局スポーツ部記者増田啓佑容疑者を現行犯逮捕した。容疑を認め「数カ月前から同様のやり方でやっていた。やめられなかった」と供述。逮捕容疑は7日午後4時半ごろ、JR山手線田町―浜松町間の電車内で手提げの紙袋に隠した小型カメラを女性のスカート内に差し向け撮影しようとした。レンズを上向きにしたカメラを紙袋に入れ、動画を撮影していた。目撃した男性が田町駅で一緒に降りて110番。朝日新聞社広報部は、「重く受け止めている。事実関係を確認した上で、厳正に対処する」としている。 

青酸連続不審死事件でNHKは7日午前、京都地裁での判決主文言い渡し前に大阪で「筧千佐子被告に死刑」のニュースを流した。
京都地裁の死刑判決言い渡しは午前11時44分で、NHKは午前11時36分ごろ、テレビのテロップで「死刑」と流した。

トランプ米大統領は6日午前駐日米大使公邸で日米の経済関係者を前に演説し、米国の対日貿易赤字を問題視した上で「双方にとって公正でより良い貿易協定を、非常に迅速かつ友好的なやり方で見いだすことがきっとできる」と述べ、日米間の自由貿易協定交渉入りに強い意欲。トランプ氏は、安倍晋三首相との首脳会談を予定しており、その中で貿易問題を提起する可能性。日米両政府は経済対話の枠組みでFTA交渉の是非を検討する可能性。トランプ氏は演説で「米国は長年、日本に対する巨額の貿易赤字に苦しんできた」と指摘するとともに「われわれは公正で開かれた貿易を目指しているが日本との貿易は公正でも開かれてもいない」と不満。

ソフトバンクグループ子会社の米携帯電話4位スプリントと独通信大手ドイツテレコム傘下の同3位TモバイルUSは4日、経営統合に向けた交渉を打ち切った。ソフトバンクが目指す米通信業界再編に向けた取り組みは振り出しに戻った。時代をにらみ、自前の通信インフラを失うことは得策ではないと判断。

神奈川県座間市のアパートの一室で9人の遺体が見つかった事件で、死体遺棄容疑で逮捕された白石隆浩容疑者が、女性らを自宅に連れ込んだ後に「睡眠薬を飲ませた」と供述している。自分は自殺するつもりはなかった」と話している。警視庁捜査1課は事件の計画性を示す供述とみており殺害の手口などを追及。白石容疑者はツイッターで自殺願望があるかのように装って女性に接近。「一緒に死のう」などと誘い近くの駅で待ち合わせ、自宅に連れこんだ後は睡眠薬を飲ませていた。

トランプ米大統領のツイッターのアカウントが10分あまりの間消えてしまう「事故」があった。ツイッター社は「社員の人為的ミス」としているが、一時期見えなくなったのは、トランプ大統領が頻繁にツイートをしている「@realDonaldTrump」というアカウント。ツイッター社は「社員のうっかりした人為的ミスで、現在は復旧した。原因を調査中で二度と起きないような対策をとる」。これに対し「永遠に止めてくれ」「何で復旧させたんだ」「この社員に昇給を」といったコメントが寄せられた。

民進党の小川勝也参院幹事長が2日離党届を提出した。小川氏は同日午後に記者会見し、自身の長男が暴行容疑で取り調べを受けたことを明らかにし「党に迷惑を掛けたくない」。小川氏によれば、1日に警察から議員宿舎に電話があり長男が取り調べを受けているとの連絡。小川氏は「詳細は分からないが、被害に遭われた女児、ご家族におわびを申し上げたい」と陳謝。

神奈川座間市のアパートで切断された男女9人の遺体が見つかり、27歳の男が逮捕された事件で男は9人の中に10代が4人含まれていると話していることがわかった。現場には1日も朝から警視庁の捜査車両が到着し、現場検証が行われた。9人の遺体について、その被害者の年齢など取り調べでの最新の供述の様子が明らかに。送検された白石隆浩容疑者は、座間市の自宅アパートに女性の遺体を遺棄した疑いが持たれていて室内からは少なくとも9人の遺体。
警視庁のこれまでの調べで、9人の遺体は8人が女性1人が男性とみられているが、白石容疑者はその後の調べで「9人のうち、10代後半が4人、20歳くらいが4人、20代後半が1人」と話している。白石容疑者は、9人をいつ殺害したかについて、「8月に1人、9月に4人、10月に4人を殺害した」と話していている。

台風の日はコロッケが売れる,という都市伝説のようなネット上のうわさが本当に。 総合スーパー「イオン」などを展開するイオンリテールは、台風21号が日本列島に接近していた21日から惣菜売り場で販売するコロッケの在庫を5割程度増やした。通常より多く売れる結果となりました。

埼玉・上尾市長と議長を逮捕へ
埼玉県上尾市のゴミ処理施設業務の入札をめぐり最低制限価格などを入札参加業者に漏らした疑いがあるとして、埼玉県警は30日、同市の島村穣市長と田中守・市議会議長から任意で事情聴取。業者側からも事情を聴いており、容疑が固まれば公契約関係競売入札妨害などの疑い。

東京湾にある中央防波堤埋立地の帰属を巡って大田区と江東区が対立している問題で大田区は都の出した調停案を拒否して裁判に訴える方針。東京都の自治紛争処理委員は16日中央防波堤埋立地の帰属について約86%を江東区14%を大田区とする調停案の受け入れを勧告。これに反発する大田区議会の臨時会では埋立地の海面付近が大田区ののり養殖場だった歴史的背景などから「調停案は不合理」として受け入れ拒否。

台風22号は発達しながら沖縄本島付近を北上中。 暴風域に入っている沖縄本島では糸数で44.2メートル、那覇で37.6メートルの最大瞬間風速を観測するなど、大荒れの天気。 台風は今後北から徐々に北東方向へ進みながら今夜奄美大島付近を通過し、あす日曜日の朝には九州のすぐ南海上まで進む予想。 大雨や暴風などに厳重な警戒が必要です。

台風22号の進路予想が変わってきている。27日午前9時現在、沖縄の南を進んでいる台風22号は今後も北上を続け、あす28日(土)に沖縄本島など南西諸島に接近する見込み。台風22号北上中 週末は沖縄で大荒れ 本州も台風接近前から大雨の可能性がある。その後、台風は進路を東よりに変えて、速度を上げながら、来週月曜日にかけて本州に近づく可能性がある。現在、きのうの予想よりも南海上を進む進路に変わってきており予報円もきのうより小さくなっている。今の段階では東日本と西日本の南海上を進むか、太平洋側に接近する可能性。

日産自動車が無資格の従業員に新車の検査をさせていた問題。国土交通省は同社の新車検査体制を無期限の「監視対象」とする方針。期限を設けない監視措置は極めて異例で今後、同社の全工場の検査実態について頻繁に報告を求め、監督を強める方針だ。燃費表示不正が発覚した三菱自動車に同省がとった「期限3年」の監視対象よりも厳しい措置であり検査の不正は安全性に直結する問題であることに加え日産が長年、ほぼ全ての工場で無資格検査を続け、不正発覚後も改善が徹底されず、次々と新たな不正が露見する結果となった。

衆院選に無所属で立候補して当選した民進党系の衆院議員十数人が衆院で新会派を結成する方針を固めた。
岡田克也・民進党元代表や野田佳彦前首相、安住淳・元財務相、江田憲司衆院議員らが参加する予定。
衆院各派協議会には、福田昭夫衆院議員が代表として出席する見通し。
会派結成に加わる議員の一部には立憲民主との統一会派結成を目指す向きもあるが、議員の一人は「枝野氏の発言を聞くと年内の統一会派結成は難しい。当面は出方を見極めるしかない」。

10月24日北日本、東・西日本の日本海側を中心に晴れているが関東から西の太平洋側は、日差しがあっても雲が多めで午後は近畿や東海で雨の降り出す所があるようだ。北海道は、朝は内陸を中心に冷え込んだものの、日中は日差しがあるため最高気温が前日より2~7℃ほど高くなり、一方、関東から西の各地は日差しがあまり届かないため、最高気温は平年並みか、平年よりやや低くなる。近畿や東海は湿った空気が流れ込みやすく、午後は近畿を中心に雨の可能性もあるようだ。

安倍晋三政権の経済政策は衆院選で北朝鮮問題と並ぶ「国難」と位置づけた少子化への対応加速が課題。安倍首相は平成31年10月に予定される消費税率8%から10%への増税を前提に増収分の一部を子育て支援策に振り向ける方針を表明しており、最終的な引き上げ可否の判断も注目。

10月24日北日本、東・西日本の日本海側を中心に晴れているが関東から西の太平洋側は、日差しがあっても雲が多めで午後は近畿や東海で雨の降り出す所があるようだ。北海道は、朝は内陸を中心に冷え込んだものの、日中は日差しがあるため最高気温が前日より2~7℃ほど高くなり、一方、関東から西の各地は日差しがあまり届かないため、最高気温は平年並みか、平年よりやや低くなる。近畿や東海は湿った空気が流れ込みやすく、午後は近畿を中心に雨の可能性もあるようだ。