司法

7キロの覚せい剤密輸、女性に無罪判決

化粧品のマスカラに覚せい剤を隠して密輸したとして、覚せい剤取締法違反と関税法違反の罪に問われた米国籍の女性(48)の裁判員裁判の判決で、大阪地裁(伊藤寿裁判長)は26日、「違法薬物の認識があったと認定するには合理的な疑いが残る」として、無罪(求刑懲役10年、罰金500万円)を言い渡した。過去話題となった書籍(覚せい剤で16回逮捕された男の実話とその弁護士)の内容にも酷似する部分があるが詳細は不明。起訴状によれば、アメリカ国籍の女性は、去年10月、覚醒剤約7キロが入ったマスカラを詰めたスーツケースを、関西空港に密輸入した罪などに問われてた。裁判で女性の弁護側は「知人に頼まれ、知らない間に運び屋にされていた。違法薬物という認識はなかった」と無罪を主張。一方、検察は「知人の依頼はあまりに不審で、女性は、違法薬物が入っている可能性を認識していた」と指摘。26日の判決で、大阪地裁は「マスカラに違法薬物が入っているかもしれないと女性が認識していたとは言えない」とした。

覚せい剤使用、またまた逆転無罪

覚せい剤を使用した罪で有罪判決を受けた男性の控訴審で、大阪高等裁判所は警察の捜査が違法だったと判断し、無罪を言い渡した。一審の判決によると、大阪市の男性(49)は、覚せい剤を使用した罪でことし3月に懲役2年10ヵ月の有罪判決を受けた。男性は逮捕された際、警察官から職務質問を受け、尿の提出を求められたが、令状がないことを理由に自宅マンションに戻りました。男性の尿からは覚せい剤の成分が検出されましたが、警察官が令状が出るまで1時間半にわたって部屋のドアを閉められないようにした事が違法な捜査だとして控訴。大阪高裁の和田真裁判長は「男性のプライバシーが大きく侵害された。違法の程度は重大で、今後、同様の捜査を抑制するためにも認められない」として無罪を言い渡した。今後過去にある書籍「司法の限界」や「覚せい剤逮捕で16回不起訴にした男の実話とその弁護士」のような内容が現実化してゆくのだろうか。

覚醒剤無罪判決が止まらない

覚せい剤取締法違反(使用)の罪で執行猶予付きの有罪判決を受けた直後、再び覚醒剤を使ったとして、同法違反の罪に問われた宮城県の30代無職男性の判決で、仙台地裁が「暴力団関係者に覚醒剤使用を強いられた疑いが残り、摂取の故意は認定できない」として無罪(求刑懲役2年)を言い渡した。男性は2017年6月13日に同法違反の罪で懲役1年6月、保護観察付き執行猶予3年の判決を受け、同日釈放。その後、同18日までに県内かその周辺で覚醒剤を使ったとして逮捕、起訴。男性は公判で「釈放後に暴力団関係者から『警察官に薬物の売人情報を暴露しただろ』と問い詰められたり脅され、その際に無理やり覚醒剤を注射された」と供述。17日の判決で田郷岡正哲裁判官は「供述の核心部分を信用できないと断じることはできない」と判断。
検察側は、男性が釈放後に暴力団関係者2人と一緒に自ら覚醒剤を注射する様子を撮影した動画を証拠提出。公判で2人が「動画は遊びで撮った」「無理やり薬を使わせた事実はない」などと証言したことを踏まえ、「動画の中で男性が抵抗するような様子はなく、自らの意思で覚醒剤を摂取した」と主張していた。判決で田郷岡裁判官は「暴力団関係者には男性に報復する動機があった」と指摘。動画には「絶対消さねえ」と発言する暴力団関係者の音声も記録されており「動画内容は2人の証言の裏付けにならず、男性が覚醒剤摂取を強いられ、従ってしまった状況を不自然とは言えない」と結論。

刑事裁判で不利な証拠として扱わない約束をして証言を強制する「刑事免責制度」が初適用され、覚せい剤密輸事件の共犯者の公判で証言した中国人被告の判決が30日、東京地裁。守下実裁判長は懲役5年6月、罰金200万円(求刑懲役7年、罰金400万円)の実刑。判決を受けたのは、覚せい剤入り郵便物の回収役だったとして、覚せい剤取締法違反罪などに問われた中国籍陳豪超被告(24)。指示役とされた中国籍の男(22)=一審懲役8年、罰金300万円、控訴=の公判で制度の適用。指示役の公判では、制度に基づき、回収郵便物の取り扱い方法を記載したとみられるメモについて証言を強制されたが、「見たことがない」と説明し自身の公判の被告人質問では黙秘。 

覚醒剤使用で無罪判決トイレ行かせず「違法」

さいたま地裁(結城剛行裁判官)は27日、覚醒剤を所持し使用したとして覚せい剤取締法違反の罪に問われた春日部市の会社員の男性(45)に無罪(求刑懲役4年)の判決を言い渡した。トイレに行かせずに実施した所持品検査について、「許容される限度を大きく超えた令状主義の精神を没却する違法なもの」とし、提出させた覚醒剤の証拠能力を否定。起訴状によると、男性は昨年11月にさいたま市岩槻区のゲームセンターで所持品検査を受け、覚醒剤を所持していた疑いで現行犯逮捕された。職務質問を受けた男性は「トイレに行きたい」と連呼したが、証拠隠滅を恐れた警察官が立ちふさがり、公衆の面前で排便したという。結城裁判官は判決理由で「被告人を心身ともに追い込んだ。緊急性も高くない状況だった」と指摘した。