パワハラや不当要求、北口熊本市議4回目辞職勧告

12日、熊本市議会は自身が代表を務める市漁業協同組合への業務委託や補助金を市に不当に要求し不適正な支出をさせたとして、北口和皇市議に対する辞職勧告決議案を可決。北口市議は2015年11月以降、市職員へのパワハラなどで市議会から2回、市政治倫理審査会から1回、辞職勧告を受けて、今回で4回目。勧告に法的拘束力はないという。

2017年12月12日