最新ニュース

「歌のお兄さん」覚醒剤逮捕

新宿署は20日までに、兵庫県伊丹市の自称音楽講師の沢田憲一容疑者(49)を覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで逮捕。逮捕は18日で容疑を認めている。容疑者はNHK教育テレビ(現・Eテレ)の子供向け番組で「歌のお兄さん」を務めたが、元・歌のお兄さんの覚せい剤による逮捕はこれで2人目。

2018年09月22日

三田佳子の次男が逮捕

女優・三田佳子(76)の次男、高橋祐也容疑者(38)が覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで警視庁渋谷署に逮捕。メディアでも多数報じられているように、同容疑者はこれまでに4度、覚せい剤事件で逮捕されている筋金入り。

2018年09月15日

隠語を使い覚醒剤をネット掲示板で販売

住所不定・無職の平川孝幸容疑者(27)ら3人は、「良いアイス入荷しました」と、特定の人にしかわからない隠語を使ってインターネットの掲示板で客を募り、覚せい剤を密売した疑い。100件の密売を確認していて、売上金は約163万円に上る。

2018年09月08日

覚せい剤使用、またまた逆転無罪

覚せい剤を使用した罪で有罪判決を受けた男性の控訴審で、大阪高等裁判所は警察の捜査が違法だったと判断し、無罪を言い渡した。一審の判決によると、大阪市の男性(49)は、覚せい剤を使用した罪でことし3月に懲役2年10ヵ月の有罪判決を受けた。男性は逮捕された際、警察官から職務質問を受け、尿の提出を求められたが、令状がないことを理由に自宅マンションに戻りました。男性の尿からは覚せい剤の成分が検出されましたが、警察官が令状が出るまで1時間半にわたって部屋のドアを閉められないようにした事が違法な捜査だとして控訴。大阪高裁の和田真裁判長は「男性のプライバシーが大きく侵害された。違法の程度は重大で、今後、同様の捜査を抑制するためにも認められない」として無罪を言い渡した。今後過去にある書籍「司法の限界」や「覚せい剤逮捕で16回不起訴にした男の実話とその弁護士」のような内容が現実化してゆくのだろうか。

2018年09月01日

覚醒剤無罪判決が止まらない

覚せい剤取締法違反(使用)の罪で執行猶予付きの有罪判決を受けた直後、再び覚醒剤を使ったとして、同法違反の罪に問われた宮城県の30代無職男性の判決で、仙台地裁が「暴力団関係者に覚醒剤使用を強いられた疑いが残り、摂取の故意は認定できない」として無罪(求刑懲役2年)を言い渡した。男性は2017年6月13日に同法違反の罪で懲役1年6月、保護観察付き執行猶予3年の判決を受け、同日釈放。その後、同18日までに県内かその周辺で覚醒剤を使ったとして逮捕、起訴。男性は公判で「釈放後に暴力団関係者から『警察官に薬物の売人情報を暴露しただろ』と問い詰められたり脅され、その際に無理やり覚醒剤を注射された」と供述。17日の判決で田郷岡正哲裁判官は「供述の核心部分を信用できないと断じることはできない」と判断。
検察側は、男性が釈放後に暴力団関係者2人と一緒に自ら覚醒剤を注射する様子を撮影した動画を証拠提出。公判で2人が「動画は遊びで撮った」「無理やり薬を使わせた事実はない」などと証言したことを踏まえ、「動画の中で男性が抵抗するような様子はなく、自らの意思で覚醒剤を摂取した」と主張していた。判決で田郷岡裁判官は「暴力団関係者には男性に報復する動機があった」と指摘。動画には「絶対消さねえ」と発言する暴力団関係者の音声も記録されており「動画内容は2人の証言の裏付けにならず、男性が覚醒剤摂取を強いられ、従ってしまった状況を不自然とは言えない」と結論。

2018年08月25日
» 続きを読む